子供

梅干しを食べよう

梅干しは、漬け方によって様々な種類があります。

梅干しというのは、原料は梅の実を使っています。梅の実を塩漬けにして、天日干しを行って乾燥させます。この作業を行うと、梅の水分が抜けて表面にシワが寄ります。そして、後にシソや梅酢と一緒に漬け込んでいくことで、一般的にスーパーで売られているような梅干しとなるのです。

その他にも、漬ける時に昆布を入れた昆布梅や、はちみつで味付けをしたはちみつ漬けもあります。
はちみつ漬けをした梅干しは、酸っぱさとしょっぱさが緩和されて、子供にも食べやすいマイルドな味になります。

また、青汁にはちみつを入れることで、子供にも飲みやすい味付けとなります。
青汁の種類によっては抹茶風味のものもありますから、そこに牛乳とはちみつを加えることで抹茶ミルクのような飲み物になります。

バランス

クエン酸を摂取

青汁は、野菜が足りないと思う時に飲む物です。
青汁にはケールや大麦若葉などが原料として使われています。色々な野菜を使った物がありますが、これを飲むことで野菜に含まれているビタミンやミネラルを摂取することができるのです。
そのため、日々の食事に青汁を取り入れることで、全体的な栄養のバランスが整いやすくなります。

梅干しは、食欲が無い時に食べることがあります。なぜなら、梅干しに含まれているクエン酸には食欲を増進させる効果が期待されているからです。
夏の暑い時は食欲が減退することがありますが、梅干しを使ったメニューにすることで、食欲が増進する時もあります。

そして、はちみつは甘味料のかわりとして使われています。
使い方としては、レモンをはちみつ漬けにしたり、カレーに入れたり、パンにつけたりして使います。
カレーにはちみつを入れることで、辛さが緩和されて子供向きの味付けになることがあります。
また、はちみつはパンにそのままつけて食べる時もあります。はちみつにはビタミンB1、B2、B6、C、Kなど様々なビタミン類が含まれているのです。

これらは意識しないと食べない物でもありますが、積極的に取り入れることで健康に近付く効果が期待できる食品とも言えます。

原料

朝の定番メニュー

青汁は、様々な野菜が原料となっています。
例えば、ケールや大麦若葉などがあります。その他にも、明日葉やよもぎを原料にした商品があります。
使う原材料によって風味が異なったり、期待できる効果が違ったりします。そのため、期待する効果によって、適している青汁は違う物となります。

また、青汁は様々な形状をして売られています。
一般的に知られているのは、粉末タイプです。粉末を水などに溶かして飲むタイプとなっており、他の形状と比べるともっとも普及しているタイプとなっています。
粉末タイプのメリットは、牛乳に混ぜて飲んだり、はちみつを混ぜて飲んだりするというように、飲み方にアレンジができることです。味が苦手だという人も、飲み方に手を加えれば飲みやすい方法が見つかる場合があります。
粉末タイプの他には、液体が冷凍されている物や、サプリメントになっている物などがあります。

そして、梅干しは漬け方によって様々な種類があります。中には、焼き梅といって梅干しを焼いた物もあります。
その他にも、キムチを使って漬けたり、カリカリ漬けにしたりした物が売られています。

はちみつは一般的に瓶詰めされて売られています。
はちみつの種類としては、レンゲ、アカシア、みかん、りんご、たんぽぽ、ブルーベリーなどがあります。
物によって含まれている栄養成分に違いが見られることがあります。例えば、そばはちみつには他のはちみつよりも鉄分が多く含まれているのです。

美容法

白いご飯と梅干し

青汁は飲むことしかできません。しかし、粉末になっていたりサプリメントになっていたりします。
そのため、飲むために持ち運びをすることができます。

これに対し、はちみつは食べる以外にも美容法に用いられていることがあります。
例えば、はちみつをパックに使った美容法などがあります。はちみつには美肌を作るサポートをすると言われるビタミンCも含まれています。そのため、リップにもはちみつ入りの物があります。

梅干しは食べ物ですが、飲み物に入れて飲むことがあります。
梅干しはアルカリ性の食品なので、二日酔いを予防したり、二日酔いの回復を早める効果があると期待されています。
このように、これらの食品は食べ物として使われているだけでなく、色々な使われ方がなされているのです。